お墓づくりを成功させる7つのポイント ~石材店選び編~

墓石販売店選びの方法についての”まとめ”です。

1~7章に分けて、墓石を初めて買う時に「管理人ならこうやってお店を選ぶ!」ということについて書いてみました。

第3章 お墓を建てている現場をチェックしよう!

墓石を建てている現場には何が・・・

石材店の中には、なぜか建墓中の現場を見せたがらないところがあります。

  • 素人が見ても仕方ない・・・?
  • 面倒くさい・・・?
  • どうせ見せてもわからないと思っている?

         ・

         ・

         ・

         ・

見せられないことが行われている!?とは考えられないでしょうか?

どこの石材店に頼もうか迷っているとき「現場を見てみたいんですけど」と聞いてみてください。

石材店によって営業マンの対応が違います。

  • 「埃っぽいですし、やめた方が良いですよ」
  • 「見てもわからないですよ」
  • 「日付の調整が合わないので無理です」

などと、答える石材店はお勧めできません。

一見間違ってないようなことを言っていますが、その実情はわかりません。

一方、

  • 「埃っぽいので、少し離れたところから見学しましょう」
  • 「わかりにくいと思いますので、現場でご説明いたしますね」
  • 「それではご都合の良い日を何日か教えてください」

こう言ってくれる石材店のほうが、施工に自信を持っていることがわかります。

近年、建築業界では耐震偽装問題の教訓などから、現場見学会がよく行われており、中には、インターネットで24時間、家からでも工事現場が見ることができるように、建築現場にカメラを備え付けることも始まっています。

それでも、年配の職人さんの中に、施主が現場に来ることよく思わない人もいます。

それは、作業の邪魔をしたり、口うるさくされる人が、稀にいるからです。

現場見学の際は、少し離れて、必要以上に話し掛けないようにした方が良いです。

ただ、本当に疑問に思ったことなどは、遠慮無く担当者に聞いてみましょう。


墓石の施工現場を見せることが出来ない理由とは?

では、実際に見せられない理由とはどのようなことなのでしょうか?

  • 自社施工だといいながら、実際は下請け業者が施工をしている
  • 契約どおりの工事が行われていない
  • 必要な工程を省略して、工事が進められている
  • セメントの配合を減らすなど、材料の質を下げて使っている

など、お墓が完成してからでは、わからないところで手抜き工事をしているケースが考えられます。

また良くあるケースとしては「工期の短縮」をすることで人件費などの経費を少なくすることがあります。

必要に応じて、問題ない範囲で行われる分には良いのですが、

  • 基礎が固まる前に、地形の石(巻き石)を上から置く
  • 納骨所が固まる前に、重い石塔を上に置く

など養生期間を無視する施工は、あとから傾きの原因になることもあります。

直接、施主と顔を合わせていない下請け業者は、責任施工の意識が低いせいか、そういった工事をしている現場を見かけることがあります。







サイトご利用の注意点

①サイト内の記述は、管理人個人の見解や感想です。ご利用とその結果につきましては、自己責任でお願いいたします。

②お墓や宗教に関することは、地域独特の風習や、慣習がある場合が多く、このサイトの回答が当てはまらないケースが考えられます。

③サイトの内容の間違いに関しましては、ご連絡頂きましたら速やかに訂正いたしますが、個別の質問や、根拠のない批判等にはお答えいたしておりません。


上記3点をご理解いただいたうえで、ご利用をお願い致します。

このページの先頭へ