お墓づくりを成功させる7つのポイント ~石材店選び編~

墓石販売店選びの方法についての”まとめ”です。

1~7章に分けて、墓石を初めて買う時に「管理人ならこうやってお店を選ぶ!」ということについて書いてみました。

第1章 お墓の値段のカラクリを知ろう!

お墓の値段の表示は自由

お墓の価格表示には、決まりがありません。

価格の出し方は、各社で自由なのです。

更に、墓石に使われる御影石の名称も、自由に(勝手に)決めて売ることも珍しくありません。

「8寸角石塔 青御影石  38万円新春特価!!」

という広告にひかれ、喜んで話を聞きに行くと、

『その石は良くないので、こちらにしましょう』

といきなり高い石を勧められたり、

『あの広告のお墓ですね。あの価格には、基礎工事・文字彫刻代金・諸経費が別となっています』

などと言われガッカリすることがあります。

特に小売り単価が高い業界では、よく似たようなことは行われています。

見込み客の住所や電話番号などの情報を得るために、わざと安い表示価格を広告に載せる営業手法です。

また、広告に「青御影石」とだけ書かれていても、それが国産なのか?中国産なのか?

さえわかりません。さらに「青御影石」と呼ばれる石は、100以上の種類があり、その中には等級の区分もあります。

特に最初の値段の設定が安い場合は、オプションを足していくといくらになるのか、慎重に話を聞く必要があります。

お墓を売る会社にも、良い会社・悪い会社があります。

良い会社は、契約前に、最終的にかかる費用を全て教えてくれます。

悪い会社は、契約前は、石塔の本体価格など一部の価格で話を進め、契約が確実になってから

その他にかかる費用を提示することもあります。

また、専門用語をたくさんつかい、施主にわからないように話を進める石材店は避けるべきです。


契約以外の費用の発生も事前に確認しておきましょう

お墓を建てる実際の作業現場では、最初の想定以上に、手間や材料がかかることがあります。

それは、石材店にとっては、見積もりした以上に経費がかかることになります。

そうした場合、余分にかかった費用はだれが負担をするのか?

その分、別のところで作業工程を省いたり、手を抜いて工事をすることはないのか?

また、最初に契約した見積の金額以上に請求されるようなことはないのか?

を担当の営業の人に確認しておくと安心です。


相見積りになったとたん見積り金額を大幅に下げてくることも

石材業界だけでなくてもよくある話ですが、『取れる客からは取る』という発想です。

相見積りで他店と競合した場合は、価格競争をするのは当然ですが、そういった価格競争が起こらなさそうな場合、同じ石で同じ工事内容でも、他の客より見積り金額を高くする石材店もあります。

こういった場合、あとから相見積りをすることを伝えると、大幅に値引きをした見積もりで再提案されることも珍しくありません。







サイトご利用の注意点

①サイト内の記述は、管理人個人の見解や感想です。ご利用とその結果につきましては、自己責任でお願いいたします。

②お墓や宗教に関することは、地域独特の風習や、慣習がある場合が多く、このサイトの回答が当てはまらないケースが考えられます。

③サイトの内容の間違いに関しましては、ご連絡頂きましたら速やかに訂正いたしますが、個別の質問や、根拠のない批判等にはお答えいたしておりません。


上記3点をご理解いただいたうえで、ご利用をお願い致します。

このページの先頭へ