永代供養墓の費用・料金

永代供養とは

お墓参りできない人に代わって、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺などが責任持って永代にわたって供養と管理をすることです。

永代供養のお墓を、永代供養墓、または合祀(ごうし)墓、合同墓、合葬(ごうそう)墓、共同墓、集合墓、合葬式納骨堂などとも呼びます。


永代供養が求められる理由

  • お墓を建立したいがお墓を継ぐ長男がいない
  • 転勤が頻繁にあり定住地が決まらないから
  • 嫁ぎ先のお墓に入りたくない
  • 夫婦だけの家族なのでお墓が必要でない

などの理由が挙げられます

永代供養の費用について

永代供養の費用は、以下のとおりです。

  • 永代供養料
  • 永代使用料
  • 納骨費用
  • 文字の彫刻費用(寺院による)

これ以外に入檀料や年会費などが必要な場合があります。

名前やシステムは寺院により異なりますので、電話等で問い合わせるか、自分でお寺に伺い話を聞いてみましょう。

一般的には10万円くらいからで、中には100万円以上するところもありますが、例えば、ご夫婦だけですとお墓を建てるより費用はかかりません。


永代供養墓のチェックポイント

納骨方法はどれか

  • 個々に納骨室があり、それぞれ小さめの墓石を建てるタイプ
  • 個々に納骨室があるロッカータイプ
  • 納骨室が共同のタイプ

システムはどれか

  • 納骨当初の状態で永代供養するシステム
  • 一定期間が経過後、合葬するシステム
  • 初めから合葬するシステム

参考 ~永代供養の費用・料金~

インターネット上で公開されている情報をもとに、永代供養にかかる費用や料金を調べてみました。


地域

当初費用

年間費用

A寺(東京都)

28万円から

無料

B寺(千葉県)

20万円から

無料

C寺(静岡県)

50万円

無料

D寺(滋賀県)

15万円

無料

E寺(大阪府)

10万円から

無料

F寺(京都府)

31万円から

無料

G寺(京都府)

20万円から

無料

H寺(京都府)

27万円

無料


上記以外の費用として「葬儀費用」・「納骨費用」・「お布施」・「供養方法」で差別化をしてランクをつけているようです。

最終的に必要な費用や、それらに含まれる内容をしっかりと確かめる必要があります。






永代供養関連の墓地・霊園・納骨堂・施設について

  1. 多い都道府県


    東京都 / 神奈川県 / 大阪府 / 京都府 / 千葉県 / 兵庫県 / 埼玉県 / 愛知県
  2. 多い市町村


    東京23区 / 横浜市 / 大阪市 / 京都市 / 札幌市 / 神戸市 / さいたま市 / 名古屋市
  3. 主な宗派


    真言宗 / 浄土真宗 / 真言宗 / 曹洞宗 / 浄土宗 / 臨済宗 / 天台宗
  4. 有名なお寺


    知恩院 / 西本願寺 / 東本願寺 / 高野山 / 一心寺 / 四天王寺

このページの先頭へ