散骨の費用と注意点

散骨とは

遺骨をお墓に埋葬せず海や野山に撒く、自然回帰の葬法です。

近年では、価値観の多様化から、自分達が選べる新しい葬送の「選択肢」として散骨を 行う人が増えています。

まだ、社会的認知が低い葬送ですので、遺族間の話し合いや、散骨方法・散骨場所などじっくり 検討されることをお薦めします。


散骨が求められる理由

  • お墓を建立したいがお墓を継ぐ長男がいない
  • 遺族に負担をかけたくない
  • 自然に返りたいという考えから
  • 夫婦だけの家族なのでお墓が必要でない

などの理由が挙げられます

散骨の費用について

散骨の費用は、以下のとおりです。

  • 散骨実施費用
  • 遺骨の粉末化費用
  • 散骨証明書発行費用

名前やシステムは寺院・葬儀会社等により異なりますので、電話等で問い合わせるか、散骨を希望する地域の業者に電話で伺い話を聞いてみましょう。

プライベートな空間やセレモニーを求めるとそれだけ費用がかかってきます。

たとえば、海洋葬の場合、船を貸切でチャーターし家族や親族のみで利用した場合、料金は高くなります。

一方、合同で船を利用したり、散骨を委託する場合は、比較的料金は安くなります。

具体的な金額としては、5万円くらいからで、高くても20万円くらいのようです。

例えば、ご夫婦だけですとお墓を建てるより費用はかかりません。


散骨の方法

海に遺骨をまく海洋葬の場合、一般的には以下の3つの方法があります。

  • 業者が散骨を代行・・・・費用が一番かかりません。あとで写真や証明書を送ってくれます。
  • 何組かの家族で船を利用・・・・ご自身で散骨できます。
  • 船を貸切る・・・・周りを気にせず散骨が行えます。費用がかかります。

参考 ~散骨の費用・料金~

インターネット上で公開されている情報をもとに、散骨にかかる費用や料金を調べてみました。


地域

委託プラン

貸切プラン

東京都

3万5千円

15万円

関東

3万5千円~

12万5千円~

千葉県

5万円

20万円

関東

7万3,500円

21万円


だいたいは上記の費用が目安になります。

しかし、散骨の際の場所や時間の指定、粉骨代、献花代、献酒代、散骨証明書発行代、燃料代、人件費等骨壷処理代など何が含まれているのか?別途料金がかかるのか?が違うので、単純に料金だけで比較することは難しいです。

最終的に必要な費用や、それらに含まれる内容をしっかりと確かめる必要があります。



散骨の注意点

散骨は、周囲の環境への配慮をするなど、トラブルにならないよう、注意して行うことが大切です。

たとえば

  • 遺骨に関係する家族・親族の同意
  • 散骨業者と散骨予定場所の確認
  • 遺骨を粉末状にして準備をする
  • 全部または一部の遺骨にするか

などは事前に検討し、しっかりと準備しておくことが求められます。

このページの先頭へ