墓地を買う際の疑問・質問

ここでは当サイト管理人が、実務経験上寄せられた質問に対する回答を致しております。

お墓の現場では、同じような質問を多く頂くことがあり、多くの人が同じような疑問を持っていると思われます。

私の経験が、ネットで調べている方のお役にたてれば幸いです。

(※実際は、墓地は『買う』のではなく『使用権の購入』の場合がほとんど)

指定石材店がある墓地は何が問題なのでしょう?

主にお寺にある寺院墓地や、民間霊園において、特定の石材店しか工事が出来ない指定石材店という仕組みがあります。

これは、良い立地や設備、条件の墓地の開発や管理に石材店が関わり、その結果、特定の石材店しか工事が出来ないようになっています。

具体的に、良い意味で考えれば、

1.都心や駅から近い
2.設備が整っている、新しい
3.掃除、手入れがきちんとされている
4.宗旨宗派、遺骨の有無、現住所などの条件が緩い
5.墓地面積の種類が豊富
6.建墓条件の制約が少ない

などの条件がいくつかあることで、人気がある霊園も多く見られます。

一方、そこに指定石材店があると

1.競争原理が働かず、料金設定が割高になり易い
2.修繕などのメンテナンスも限られた石材店になってしまう

ことが挙げられます。

こういったことを納得されて、墓地を選ばれれば良いと思います。

ですが、最近では承継が進むことで世代がかわり、お墓を引きついた子供が、指定石材店といった制度に納得がいかず、国民生活センターなどに相談するケースが増えてきています。

墓地を購入する際、購入者本人は納得して買っているのですが、その子供や孫は、他の霊園の人より割高なメンテナンス費用やリフォーム費用に理解や納得ができずトラブルになっていることがあります。

しかも、最初に墓地を購入した人は亡くなっているケースが多い為、トラブルになり易いと考えられます。

ですから、その子供や孫が、いざお墓に戒名や法名を彫り入れようとしたり、修繕をしようとしたときになって初めて、指定石材店について知り、ビックリするようです。

今現在、指定石材店しか入れない墓地にお墓を持っている場合や、これから、そういった霊園でお墓を建てる人は、子供や孫に、決まった石材店しか工事を頼めないことを、伝えておいた方が良いと思います。

そういったことが事前に理解されていることで、問題が起こりにくくなります。

また、その時は、他の霊園より、工事の費用や料金が高くなる可能性があるということだけでなく、その分、便利さであったり、手入れが行き届いているなど、その墓苑の良い点も同時に伝えることをお勧めします。

これから墓地を新しく買おうとお考えの人は、民間墓苑や寺院墓地に指定石材店の制度があることがあるので、事前に確認してから購入することをお勧めします。

墓地を買ってしまってから、指定石材店の制度を知ることになってしまった場合、そういったことに納得できなくても、墓地代金の返還が受けられないこともあります。

墓石の購入時の契約はもちろん、墓地の契約時も慎重にすることが大切です。

指定石材店制度がある霊園は、設備がキレイで整っていたり、眺望が良かったり、明るい公園のような雰囲気のところが多いように思います。

ですから、初めて霊園を見学に行ったその日にとても良い印象を受けるかもしれませんが、先ほども書いたように、契約は一息おいて、契約書を確かめてすることが重要です。


- サイト内 関連ページ -

霊園選び | お墓を建てる





サイトご利用の注意点

①サイト内の記述は、管理人個人の見解や感想です。ご利用とその結果につきましては、自己責任でお願いいたします。

②お墓や宗教に関することは、地域独特の風習や、慣習がある場合が多く、このサイトの回答が当てはまらないケースが考えられます。

③サイトの内容の間違いに関しましては、ご連絡頂きましたら速やかに訂正いたしますが、個別の質問や、根拠のない批判等にはお答えいたしておりません。


上記3点をご理解いただいたうえで、ご利用をお願い致します。

このページの先頭へ