樹木葬・散骨に関する疑問・質問

ここでは当サイト管理人が、実務経験上寄せられた質問に対する回答を致しております。

お墓の現場では、同じような質問を多く頂くことがあり、多くの人が同じような疑問を持っていると思われます。

私の経験が、ネットで調べている方のお役にたてれば幸いです。

自宅で樹木葬や散骨はできるのでしょうか?

現在の日本の法律(墓地埋葬法)では、自宅などの私有地にお墓をつくり遺骨を納めることはできなくなっています。

もしそれを許してしまうと、事件性がある場合などにも、素知らぬふりをして私有地に遺骨を埋める人も出てきますし、土地を転売した後、骨が土地から出てくるなどの問題が起こります。

また想像してみてください、隣の人の家の庭にたくさんの骨が埋まっていたりすると、快く思わないのではないでしょうか?

基本的に樹木葬は、墓地として許可を受けた地域で行われるものです。

また、散骨は法律的な解釈としてはグレーな部分だと言われていますが、節度(マナー)と法律を守ることで海や山などで行われています。

たとえば、山で散骨する場合は、所有者やその近隣の土地の所有者また、農地などに配慮しなくてはいけません。

近年、採水地や農地の近くで、散骨などの行為が行われると、風評被害が出ることが懸念されています。

また、ハワイなど海外で散骨する場合は、その国の法律に則って行わなければ、罰金やトラブルになるケースがあります。

ただ、まだ法律の整備が追い付いておらず、こっそり自宅や他人の所有地や名所などで散骨をしている人がいるのも事実です。

ですが、私がお勧めするのは、罰則のあるなしに関わらず、まず信頼のおける、これら自然葬の専門業者に相談することです。

トラブルの無いようにされる方が残された人だけでなく、故人にとっても良いことだと考えるからです。

もし自分の近くに故人の遺骨を置いておきたい場合は、骨壷を仏壇にそのまま置いておかれるか、手元供養といった形にされることをお勧めします。

また、遺骨をすべて納骨や散骨するのではなく、一部だけ残しておいて手元に持っておくといった方法もあります。

いずれにせよ、お坊様や自然葬、手元供養の専門業者と相談し、ご自身に一番合った方法で供養することが大切です。


- サイト内 関連ページ -

散骨とは?【求められる理由とその費用】

樹木葬とは?【求められる理由とその費用】

樹木葬に掛かる費用はいくらでしょうか?





サイトご利用の注意点

①サイト内の記述は、管理人個人の見解や感想です。ご利用とその結果につきましては、自己責任でお願いいたします。

②お墓や宗教に関することは、地域独特の風習や、慣習がある場合が多く、このサイトの回答が当てはまらないケースが考えられます。

③サイトの内容の間違いに関しましては、ご連絡頂きましたら速やかに訂正いたしますが、個別の質問や、根拠のない批判等にはお答えいたしておりません。


上記3点をご理解いただいたうえで、ご利用をお願い致します。

このページの先頭へ