お墓の引越し、移転について

引越し・移転作業写真


郷里が遠くてお墓参りになかなか行けないなどの理由で、お墓を移転・移動することを改葬と言います。

改葬を行う場合は私たちが引越しをするのと同様に、各種の事務手続きが必要になります。

手続き方法は、移転先それぞれの自治体や霊園によって異なりますので、事前に管理事務所等に電話などで確認しておくことをおすすめします。

改葬(移転・引越し)に関わる事務手続き事例

改葬にかかわる手続き事例をご紹介します。


①移転元に改葬することを伝えて了承を得る

②移転先に墓所使用許可証(永代使用許可証)と受入証明証を発行してもらう

③移転元に埋葬または埋蔵証明書を発行してもらう

④移転先の役場で改葬許可申請書をもらう

⑤移転元に改葬許可申請書に必要事項の記入と、捺印をしてもらう

⑥移転先の役場に改葬許可申請書受入証明証埋葬または埋蔵証明書を提出する

⑦移転先の役場で改葬許可書をもらう

⑧移転先に改葬許可書を提出


地域やケースにより書類の名称や順序が異なる場合があります。

手続きが複雑な場合がありますので、それぞれに相談をしながら進めてください。

特に手続きが複雑になるケースは、移転元に埋葬または埋蔵届書を提出していない場合です。

お墓に納骨をする場合、霊園の管理団体に埋葬または埋蔵届書を提出することになっていますが、これを忘れてしまうと埋葬または埋蔵証明書を発行してもらうことができません。

移転先が埋葬または埋蔵証明書の提出が不要な場合や、除籍謄本などの他の公的な書類で代用できれば問題ないのですが、そうでない場合は埋葬または埋蔵届書を移転元に提出することから始めなくてはいけません。

このとき問題になるのが「火葬許可証(火葬証明書)」です。

埋葬または埋蔵届書の提出には「火葬許可証(火葬証明書)」の添付が必要になるケースがほとんどです。

これを紛失していれば、役所や火葬場などに連絡を取り、再発行をしてもらう手続きが発生します。

普段から手続きに必要な書類の提出をキチンとしておくことで、こういった事態を防ぐことは可能です。

改葬にかかわる費用について

改葬には、意外と費用がかかることがあるので、事前の打ち合わせと見積りの確認が大切です。

たとえば

  • 移転先の墓地使用料
  • 移転先の建墓費用
  • 移転元の墓石の撤去費用
  • 墓石の移動費用(新しく建て替える場合は不要)

これ以外に移転元から、埋葬・埋蔵証明書を発行してもらうのに、手数料を求められる場合もあります。

お布施も魂抜き、魂入れ(墓石を新しくした場合は開眼式)と2回必要になります。

「墓石の大きさ」や「墓地の広さ」、「移動距離」などの条件によって費用は大きく変わってきますが、目安としてはトータルで50万~200万円くらいが必要になります。




このページの先頭へ