お墓参りの準備

お彼岸やお盆に限らず、命日やご先祖様に報告をしたいときなど、お墓参りをします。

服装は法要ではありませんので、平服が一般的です。

お墓参りには忘れ物がないようにしたいものです。

最近では、霊園近くで墓花などを売っていますので、お花やろうそく、お線香などは買えるところも多いでしょう。

お供え物などは地域の風習などによって変わってくることが多いですが、故人が好まれていたものをお供えすることも多いようです。

お供え物は、鳥獣被害をもたらす場合があるので、お墓に供えたまま帰るのではなく、持ち帰りを義務付けている霊園もあります。

また、霊園によっては、ひしゃく・桶・ほうきなどが用意している場合もあります。

【参考写真】 お墓参りに用意するもの

以下に写真付きで、お墓参りに準備、持参するものを紹介しています。


お花
お花

お線香
お線香

手桶・杓
手桶・杓

ろうそく
ろうそく

ライター(マッチ)
ライター(マッチ)

数珠
数珠

ほうき
ほうき

ちりとり
ちりとり

蚊取り線香
蚊取り線香

ごみ袋
ごみ袋

軍手
軍手

雑巾
雑巾

ブラシ・スポンジ
ブラシ・スポンジ

スコップ
スコップ

刈りこみハサミ
刈り込みハサミ

剪定ハサミ
剪定ハサミ


夏の日差しが強い時は、日傘や帽子もお忘れなく。


お墓参りの注意点

①墓石の汚れ落としに家庭用洗剤は使用しない

墓石の掃除には、基本的には水だけを使用することをお勧めします。
特に、酸性やアルカリ性タイプの洗剤や、研磨剤入りのものは、絶対に使用しないでください。
墓石の表面の艶が失われる恐れがあります。

②お供え物やゴミは持ち帰るようにしましょう

霊園に専用のごみ箱がある場合は、利用をすることができます。
一方、持ち帰ることが基本になっているところもあるので、霊園のルールに従って処分をするようにしましょう。

③子どもの行動は注意して見るようにしましょう

墓地にはケガの危険が多く存在します。
たとえば、すべての灯籠や霊標(墓誌)が、しっかりと固定されているとは限りません。
それらの下敷きになったりすれば、骨折など大けがの恐れがあります。

④虫刺され二注意しましょう

お墓は自然豊かなところにあることが多いです。
夏になると蚊は当然いますが、蜂や毛虫にも注意を払いましょう。




このページの先頭へ